国旗.jpg

​PROJECT 2021

昨年は新型コロナウイルスの影響で、毎年実施しているスウェーデンへの渡航が見送りとなりました。

そこで、インターネットを活用したオンラインならではの活動を行いました。

​以下ではその活動内容をお届けします。​

Zoomを用いた「学び」

渡航はできないけれど、

スウェーデンに住む人達と交流したい。

いつか渡航ができるようになった時の為に、

今から知識をつけておきたい。

​そのような思いから、

Zoomを用いた「学び」の場を設け、

スウェーデン企業への訪問

&

現地の方へのインタビュー

を行いました。

Zoom企業訪問 ぺルモビール様

一つ目の「学び」は、

Zoomを用いた企業訪問です。

Project 2020に引き続き、

スウェーデンの電動車いすメーカー

「ペルモビール」様に

インタビューさせていただきました。

「ペルモビール」という言葉は耳にしたことがない方も多いかもしれませんが、

スウェーデンでは車椅子の代名詞になるくらい

よく知られた言葉だそうですよ。

高福祉国家スウェーデンの意識の高さが

垣間見えますね・・・!

 

Zoomインタビュー

スウェーデンの保育士の方から 

二つ目の「学び」は、

現地の方との交流です。

スウェーデンで保育士をされている

巽朝菜(Asana Tatsumi)さんに

Zoomでお話を伺いました。

スウェーデンの保育は

子供たちが自然と触れ合ったり、

自分たちの「権利」について学んだり、

といった点が特徴のようです。

Blog

MOSのメンバーが

関心のあることについて調べ、

記事を作成するブログ活動を行いました。

スウェーデンの文化・教育から

アートに至るまで、

メンバーの興味が反映された

実に様々な記事が投稿されています。