検索
  • 櫛田真帆

スウェーデン 基本情報

新しく新入生も入ってきたということで、スウェーデンってどんな国なの?という基本情報をまとめてみました!緊急事態宣言中もスウェーデンに渡航した気分になれるように書いてみました😊


正式名称:スウェーデン王国(スウェーデン語でKonungariket Sverige)(現在の国王はカール16世グスタフ国王)

場所:北ヨーロッパのスカンジナビア半島

首都:ストックホルム(14の島とそれを囲う運河があり、水の都と言われることも。市内の地下鉄の駅のほとんどの内装が芸術家によって描かれているため、「世界で最も長い芸術展示」の異名もあり。そして100以上の美術館・博物館が集まっており、美術好きには堪らない街です✨)



面積45万平方キロメートル(日本の1.2倍!実はヨーロッパで最も大きいらしい

人口:約1000万人(東京と同じくらい)


言語:スウェーデン語、英語(ほとんどの人が英語を話し、街中の表記も英語のものが多いので英語が話せればほぼ問題なし!英語ができなくても心で分かり合えます)移民が多いため、フィンランド語、メアンキエリ(フィンランド語の方言)、ロマ語、サーミ語、イディッシュ語なども話されています。)


通貨スウェーデンクローネ(SEK) (執筆時、1SEK:12.92円。つまり1SEK=うまい棒1本)


物価が高いイメージのスウェーデンですが、食料品や日用品はむしろ日本より安い!しかし外食・娯楽・交通費は日本と比べると高い💰

カフェのコーヒー1杯が日本では300円、スウェーデンでは495円ぐらいらしいです。


気候北極圏にまたがる国だけあり年中寒いイメージ⛄ですが、暖流の影響もあり、同緯度の他の地域と比べると比較的穏やかなほう。また日本と同じく四季がはっきりしています🌸

春・秋の気温は日本の冬ぐらい(平均気温が5度くらい)、夏は明るい時間が長くて過ごしやすく日本の初夏ぐらい(平均気温は15~20度くらい)。冬は場所の割には暖かいほう(それでも平均気温は-1度くらい)。

太陽が沈まない白夜の時期は6月~7月にかけて、反対に太陽が一日も昇らない極夜は12月~1月にかけて訪れます。極夜の時期は必然的に家の中で過ごすことが多くなります。そのため室内に色🍊や明るさ💡を求めるため、北欧のデザインには鮮やかな色合のデザイン、インテリアが多く生まれたとか。


日本との時差:冬8時間、夏7時間

日本からの行き方ウェーデンへの直行便はないので、ヨーロッパ内の都市にて乗り換えが必要。飛行時間は約12.5~15時間。やはり長い。。。🛫






他にも書きたいことがたくさんありますが、とりあえずはここまで!最後はグスタフさんで!





















7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

一橋大学公認団体MOS  / swedenmos1284@gmail.com / © MOS2018代表 矢野義武 Proudly created with Wix.com

  • facebook
  • Twitter Round